【山本屋本店】味噌煮込うどん専門店で名古屋名物を味わう

2017.4.23

先日久しぶりに、名古屋名物の代表でもある味噌煮込みうどんの専門店「山本屋本店」の味噌煮込みうどんを食べてきました♪
(以前「しゃべくり7」で小栗旬さんが、こちらの味噌煮込みうどんを途中下車して食べるくらい好きだと言って食べていました)

スポンサーリンク

 

「味噌煮込みうどん」じゃなくて、「煮込みうどん」なんだね。

ランチメニューには、ご飯と自家製漬物が無料で付きます♪(15時まで)

さらにご飯と自家製漬物は、+108円でお代わりできますね(店舗によって異なる場合あり)

自家製漬物(サービス)(これは3人前)

白菜が美味しかった♪

青唐辛子の出汁巻き 540円(税込)

青唐辛子はあまり感じなかったけど、出汁が美味しかった。
だけど、冷たかったのが残念。
卵焼きは温かいのがいいね。

グツグツの味噌煮込みうどんが来ました♪

かしわ入り味噌煮込うどん(鶏もも肉) 1,242円(税込)

生たまご、あげ、ねぎ、かまぼこ入り。
(えび天のトッピングすれば良かった)

ますは味噌スープ。
アツアツをフーフーしながら一口味わう。

うぉ!
久しぶりの味噌スープは、程良い甘さでそこまで濃くないけどコクがあって、もっともっと飲みたくなる。
名古屋の味噌は濃いだけじゃなく、上品だけどうまみのコクがある味噌。

そして、この麺。
最近丸亀製麺とかの太麺率が多いので比べると細く感じるけど、中太麺だよね。

太さよりも、この独特な噛みごたえ!
コシのある麺をじっくり噛んでいると、じんわりと小麦粉のうまみが口の中で広がる。
そこへ味噌スープを追い味噌して楽しむのも良し。
ずっと噛んでいたくなるような、美味しい麺がクセになるね。

隠れていたかしわが出てきた!

味噌煮込みうどんは、このように鍋蓋を取り皿に使うということになっているけど、味噌スープが付いてベタベタしてたりするし、大きさもイマイチなので使いにくい…
猫舌だけど、フーフーしながら直で食べてます。

そして、これはみんな大好き「味噌卵かけご飯」(MTKG♡)

卵黄をすくってご飯に乗っけて、味噌スープを程よくかける。
少し茶色に染まった卵黄を拝んでから、レンゲでブシュっと割って食べる。
お醤油なんていらない。
味噌スープをお好みで追加しながら食べれば最高。
美味しくて、アッという間に食べてしまいました(笑)

 

「山本屋本店」の味噌煮込みうどんは、やっぱり美味しかった♡
名古屋人で良かったと思う瞬間です。

今回は仕事関係で3人だったけど、おひとり様も多く食べに来ていました。
名古屋駅近くでは、エスカ、ユニモール、ルーセントタワーにも店舗があるのでふらっと食べに行くのもいいですね。
(名古屋市以外では、一宮、岐阜柳ケ瀬、四日市にあります)

有名な味噌煮込みうどんの専門店と言えば、

  • 山本屋本店
  • 山本屋総本家

と2つあるんですが、同じ「山本屋」でなにか関係があるのか、どんな違いがあるのか気になりますね。
「山本屋総本家」は、東京にも店舗があって、メニューも味噌煮込みうどん以外のものもあるそうです。
一方「山本屋本店」は味噌煮込みうどん以外のメニューはほぼなく、店舗は名古屋を中心に東海地方限定だそうです。

私は今回の「山本屋本店」に行くことが多いので、今度は「山本屋総本家」へ行って食べ比べしてみたいです。
どちらにしても専門店の味噌煮込みうどんは美味しいので、また食べに行きます。
「名古屋めし最高♪」

⇒ うどん・そば食べる記事

⇒ 名古屋めし食べる記事

 

山本屋本店(煮込みうどん専門店)

山本屋本店サイト

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。