【うなぎのうな千】土用の丑の日ひとりうな丼(上)

2017.7.23

今年の「土用の丑の日」は、 7月25日(火)8月6日(日)の2日あります。
美味しいうなぎが食べたくて、仕事で多治見へ行った時に「うな千」へひとりランチしてきました♪

多治見は「うなぎ」のイメージがあって、中でも「うな千」は有名なお店なので美味しくて何度か食べに行っています。

スポンサーリンク

 

多治見駅から車で5分くらいだけど、人通りがあまりなく静かなところにあります。
駐車場もあります。
遠方から食べに来る人も多いお店です。

ランチ時間ギリギリくらいだったけど待ってる人も少しいたし、私よりも後に来た人もいて人気が伺える。
「土用の丑」が近づくと、どうしてこうもうなぎが食べたくなるのだろうね(笑)

土日や「土用の丑の日」はもっと混雑しているので、待ち時間も必須です。
室内に待ちスペースの椅子などあり、セルフのお水もありました。
※「土用の丑の日」の週は、営業時間とお休みが通常と違うのでご注意ください ↑

「うな千」お食事メニュー ↓

去年は確かうな重を食べたのでひつまぶしも食べてみたいところだけど、今年は仕事中だしうな丼にしました。(仕事中のランチはあまり贅沢できない気持ちがある(笑)

うなぎ上丼(5切れ) 2,780円

お吸い物、つけもの、サラダ付き

きた~!美味しそう~♪

ここは焼きあがるのにいつも待ち時間が長めの印象だけど、今回はわりと早く出てきた。
そして、うなぎがちょっとコゲているのが気になる。
ランチ時間も終わりそうだったので、強火で焼いてくれたのかしら…

お吸い物の中に入っている「そば1本」みたいなのは、何かの練り物みたい。

ここのうなぎは、中はふわっとやわらかくて外はカリッと焼き上げてあるのが美味しい。
このカリッとした焼き加減は、スーパーのうなぎやチェーン店のよくある安いうなぎでは食べられない。
味付けも甘辛のシンプルで、うなぎの旨味をじっくり味わえる。
タレがテーブルに置いてあるので追いタレもできるけど、かかっているタレとは違ってアブラ味がないタレだった。

カリッとしたところが特に好きなんだけど、今回はやっぱり焼きすぎてて所々コゲてしまっていたので、それが味にも出ちゃっていたのが残念だった。
でもフニャフニャよりはこれくらいコゲている方がいいけどね。

美味しかったけど、うなぎの厚みがちょっと薄い気がしてなんとなく物足りなかった。
うなぎの専門店は最近行ってないので比べられないけど、大好きな「あつた蓬莱軒」のひつまぶしを食べた時のような満足感は無かった。

もしかしたら「うなぎ」はこれが普通の肉厚なのかな?
これは、「うなぎ専門店」を食べ歩いて、美味しいうなぎを食べ比べしてみるしかないね♪

【あつた蓬莱軒本店】ひつまぶしの元祖とうまきを味わう

 

 

うなぎ丼 釜めし うな千

住所 岐阜県多治見市青木町1
(JR中央本線多治見駅南口から徒歩15分、中央自動車道多治見ICから自動車で15分)
TEL 0572-22-3410 (予約不可)
営業時間 昼の部11:00~13:45/夜の部16:30~19:45
定休日 水曜日
駐車場 あり

 

うな千サイト

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。