【簡単レシピ】とろ~り濃厚フォンダンショコラ♡(深夜のひとりスイーツ)

2019.3.9

毎年バレンタイン前後はチョコレートを大量に買ってきてたらふく食べていますが、今年はさらに美味しいレシピを見つけたので夜な夜な作って食べています♡
バレンタインの時期に「フォンダンショコラパンケーキ」を食べた時、自分でもフォンダンショコラ作れないかな?と思って探していた時に見つけたレシピで、簡単だけど濃厚で美味しいフォンダンショコラが自分で作れちゃうんです。
ズボラな私はマグカップでいつも作っています♪

スポンサーリンク

 

フォンダンショコラ材料(ココット2個分)

  • 板チョコ 1枚
  • バター 20g
  • 卵(溶いておく) 1個
  • 砂糖 大さじ1
  • 薄力粉 大さじ1

(お好みで)

  • 洋酒 小さじ1
  • ココアパウダー 小さじ1

洋酒はお好みですが、ラム酒を少しでも入れるとかなり本格的になるのでおススメです♪
私はこのラム酒(280円くらい)を使っています。
チョコに合うかな~と思って赤ワインをドボドボ入れた時は、チョコレートと同化してしまって存在感なくなった。

バターは食塩不使用が良いそうです。
どうしてか調べたら、お菓子作りはしっかり計量して作るのが基本なので、少しの塩分でも味が変わってしまうそうです(今まで知らなかった)
最近は少し落ち着いてきたけど、バレンタインの時期はバターもチョコも値段が高くなってましたね。
しかも食塩不使用の方が少し高くて、500円くらいしてた(ヒェー)
それにしても、板チョコ久しぶりに買うようになったけど小さくなったなぁ…
今はだいたい一枚50gが基本で、昔の半分くらいになったような気がする(だんだん少しずつ小さくなる問題(笑)
板チョコは好みでブラックチョコとかにしてもいいし、私は甘味も程よくあるこの明治の板チョコが多いです。

~フォンダンショコラの作り方~

  1. 耐熱皿にバターと板チョコを割って入れ、レンジで1~2分チンして溶かす
  2. 1をよく混ぜてから、砂糖、卵、洋酒を混ぜながら入れる
  3. 最後に薄力粉、ココアパウダーの粉もんを入れてしっかり混ぜる
  4. 余熱した180度のオーブンで7~10分焼く

参考にしたレシピと同じようにココットに入れたら、ちょうど2個でいいくらいの分量になりました。

焼き時間の目安は、真ん中が膨らんできたりひび割れたら完成ということですが、細かい分量の差とかオーブンによって変わるようなので自分の好みの焼き時間を見つけるといいですね。
私は何度も作ってるけど、卵の微妙な大きさとか薄力粉の盛り具合とかラム酒のドボドボ具合で毎回違います(笑)
でもチョコケーキになる前だったら緩くても濃厚ホットチョコみたいな感じで食べるのもたまらないし、毎回違うフォンダンショコラが楽しめます♪

これは参考レシピの7分でやったら早そうだったので、9分くらい焼きました。
何度も扉を開けてるから実際分からないけど、少し緩めだったのでうちの場合はこのココットだと10分くらいが良さそうかな。

表面はしっかり焼けてて、スプーンを入れるとサクッと入る感じ。

ぶしゅっとトロ~りが出てきたー♡

ほら、この濃厚さ伝わるかしら。

ひゃ~!
トロトロとしたたる濃厚チョコ。

一口食べてみると、アツアツの濃厚チョコがたまらなくてほっぺた落ちそうになった♪
バターのコクが濃厚で本格的な味♡
上部と側面の生地部分はまた違ったしっとりチョコケーキで美味しいし、フォンダンチョコのとろ~り部分と2度味わえるのが嬉しい。
バターとチョコレートって本当に最強だな(バターとチョコをレンジでチンして混ぜた段階でペロっと毎回やっちゃうのが楽しみ)
あまりに美味しくて2つのココットを夢中でペロリ。
初めて作ったのに、こんなに簡単に本格的なフォンダンショコラが自分で作れるなんて感激でした♡

それからは板チョコを買い込んできて、毎夜のようにフォンダンショコラを深夜のスイーツに作って食べています。
さらにズボラで簡単に作っているので紹介します。

材料は同じだけど、ココットだと混ぜる容器も入れると洗い物が3つになるので、マグカップ1個で作っています(どうせひとりで全部食べるから)
卵も別でといておくと良いみたいだけど、そのままマグカップに入れて「おりゃ~」と混ぜれば良し。
初めにバターをカットして混ぜる用のティースプーンと、粉もん計る大さじとマグカップの3つだけの洗い物で済みます(お菓子作りした後の洗い物はバターなどの油汚れがガンコなのであまり好きでない)
ティースプーンで思いっきり混ぜるのでマグカップの側面がチョコ色になってしまうけど、自分で食べるだけなので見た目は気にしない。

オーブンの焼き時間はマグカップはココットより大きいので、うちの場合は13分くらいがベストです。
たまに深夜のおやつで、マグカップケーキ(ホットケーキミックスと卵と砂糖と牛乳混ぜてレンジでチンする)を作っていたので、同じ感じでこのフォンダンショコラもレンジでチンできないかなと思ってやってみました。
だけど、数分でマグカップから昇り龍のようにモコモコ出てきて、レンジの天井にぶつかりながらクルクル回ってておもしろかった!(うちのレンジは回るタイプ)
すぐに取り出したけどチョコケーキになってて、美味しかったけどフォンダンはできなかった。
レンジは火力が強いので、フォンダンショコラのような繊細なスイーツはじっくりオーブンで焼いた方がいいみたいです。

今回は写真を撮るためにお皿に出してみようと思ってたので、多めに15分焼きました。
表面がプックリしてて、ひび割れもいい感じ。
だけど、マグカップから取り出して「Eggs’nThingsのフォンダンショコラパンケーキ」みたいに盛り付けしようと思ってたのに、トロ~りが出てきて失敗しそうだったのでやめました(何度も失敗してる)

いちごちゃんとブルーベリー、バニラアイスも用意してたので、気持ちだけ添えてみました。

とろ~りさん、こんにちは♪
いつもより多めに焼いてるから、ちょっとドロっとしてる。

濃厚チョコなので、爽やかなフルーツと一緒に食べても美味しい♪

焼き具合でいつもより生地が多めなので、ふわふわしっとりチョコ生地も堪能。
うぉ~!美味しい♡
とろ~り多めのホットチョコレートっぽいのも好きだけど、焼き時間多めのチョコ生地多めもたまらんやん。
しばらくは焼き時間多めにハマりそう♪

こんなに美味しいフォンダンショコラが自分で作れるなんて、レシピを考えてくれた方に感謝です。
バターを1個買ってくれば10回は作れるし、あとは家にあるような材料だから安く作れるのもいいね。
私の場合板チョコをたくさん買って用意しておくと、いつの間にか全部食べてしまうので買い置きできないのが悲しいところだけど(笑)
最近忙しくてなかなか食べ歩きができないので、深夜のスイーツ食べて楽しんでいます。

ついでに、私は「ラムレーズン」のお菓子が好きで特にラムレーズンのチョコのお菓子は見つけると必ず買って食べるんですが、こないだ食べたラムレーズンチョコのラムがパウダーになっててなんだか物足りない残念な気持ちになりました。
そんな時に、フォンダンショコラに使ってるラム酒が結構効いてていい味出してくれてることを思い出して、「ラムレーズン」を自分で作れないかなと調べてみたら割と簡単に作れそうだったので作ってみました。

これは作った翌日の朝だけど、もうレーズンがラム酒を吸い込んでプックリしてる。
一つ食べてみたら、ラム酒が「キクー!」
このままでも良さそうだけど、ラム酒を足しながら1週間は漬け込んだ方が良いみたい(半年~1年保存ができるらしい)
このラムレーズンができたらまずは作ったフォンダンショコラにトッピングするし、バニラアイスとも食べたいし、ラムレーズンバターなんて最高だよね♡(ワクワク)

⇒ フォンダンショコラ食べる記事♪

 

参考にしたレシピ

素敵なレシピありがとうございます♪
クックパッド

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。