【餃子の王将】餃子のカリカリ両面焼きと天津炒飯♪(餃子無料クーポン)

2018.4.18

こないだのひとりランチは、大好きな餃子の王将で餃子パワーをつけてきました♪
餃子の王将のスマホアプリをダウンロードして「餃子一人前無料クーポン」もGET!

スポンサーリンク

こないだの”前略、大徳さん”で裏メニューや裏サービスの特集で放送されていた、餃子の王将の「餃子の両面焼き」と「天津炒飯」が食べたかったので今回のメニューは決まっていました。
王将の餃子は普通焼きでもとても美味しいですが、焼き方を注文できる無料サービスがあります。

  • 普通焼き(何も言わなければ普通で出てくる)
  • うす焼き(普通焼きよりも焼きが甘いので皮のもっちり感が味わえる)
  • よく焼き(普通焼きをさらによく焼くので皮のカリカリを味わえる)
  • 両面焼き(通常は焼かない表側も焼いてくれるのでさらにカリカリ)

よく焼きは食べたことあるけど、両面焼きは今回初めてです。
※普通で注文したけど「ちょっと生焼き」っぽい時もありますよね。そんな時は「もう少し焼いてください」とお願いするとさらに焼いてくれます。無理して生焼きを食べて王将を嫌いにならないでください。

餃子(両面焼き) 220円×2人前

ちょっとこの盛り付けひどい…(泣)

表側も焼き目がちゃんとある♪

うん。カリカリで美味しい♪
カリカリと言うより皮がパリパリくらいよく焼いてある。
表側も焼いてあるので、通常よりも全体の面積が少し小ぶりになった感じがする。

これはこれで美味しいけど、やっぱり普通焼きがどれだけ美味しいかということを実感しました。
ちょっとしたことだけど、こんなに変わるんだな。
カリカリ餃子が食べたい気分の時はまたお願いするかも。
でも「よく焼き」でいいかな。

裏返してみたら、こんがりよく焼きしてある。
両面焼き&よく焼きになってたみたい。
生っぽい餃子は苦手だけど、王将餃子は普通でもよく焼きも両面焼きも美味しいことに変わりはないね♪

天津炒飯は、もともと店舗限定メニューだったのが人気が出てさらに全国の定番メニューにまでなってしまったという珍しいスペシャルなメニューだそうです。
メニューにあるのは知っていたけど食べるのは初めてです。

天津炒飯 580円

なんだか土星みたい(笑)
注文するときに間違えて「天津麺」をオーダーしてしまって、すぐに気づいて変えられるか聞いたらOKだったので「天津炒飯」にしてもらったんだけど、黒いお皿はそのせいかな?
それとも天津飯より豪華メニューだからちょっとオシャレ皿なのかな。

黒いお皿で見えないけどうす茶色のたっぷりあんに、黄色の卵をまとった炒飯がぽっこりと顔を出している。
卵に隠れている炒飯がどんな状態になっているのか、気になって仕方ない。

ふわふわたまごはいつもの天津飯。
天津飯のあんは、関西方面はうす茶色だけど関東方面は白っぽくて透明で違うんですよね。
中部地方はうす茶色の関西風だから、関東風も一度どんなのか食べてみたい。

中に隠れていた炒飯は本物の炒飯だった。
ただでさえ美味しい炒飯と天津飯の合体メニューだから、それは贅沢で美味しい。

でも、せっかくの美味しい炒飯のパラパラ感が無くなってしまっているのがとても残念。
そして天津飯のあんのせいか、かなり味付けが濃くなって白ごはんが欲しくなった(笑)
天津飯のあんは店舗で違うのかな?(ここの店舗は前回も塩気が強くてイマイチだった)
人気のメニューということだけど、私はパラパラの王将炒飯が好きなのでこのメニューは好みではなかった。

春巻 400円

餃子の無料クーポン使うし、やっぱり食べたくなってまた春巻。
春巻はわりと早く出来上がるので(ごはんメニューよりも早い)、餃子が来るまでの間に1本アツアツをはふはふ食べるというのが最近のお決まり。
カリカリで美味しかった♪
だけど今回は餃子もカリカリだったのでカリカリばっかりだったね(笑)

餃子の両面焼きも天津炒飯も好みではなかったけど、美味しいものだから満足です。
”前略、大徳さん”でビビる大木さんが春日井店に行っていたけど、「食べ放題」が映っていました。
王将の食べ放題は店舗によってやっているそうですが、調べてみたら大皿メニューなどがいくつか付いているのでただ単に餃子だけを食べ放題というわけではないみたいです。
大食い仲間数人で食べ放題するにはいいかも。

餃子の王将の公式スマホアプリがリリースされました!
無料ダウンロードで、餃子一人前無料(店内飲食)クーポンがGETできます。
(追記)なんと、有効期限が5月末まで延長されました!
まだの方はぜひどうぞ♪
餃子の王将スマホアプリページ

⇒ 餃子の王将食べ歩き記事

⇒ ひとり食べ歩き記事

 

餃子の王将

餃子の王将

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。